<   2005年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

久しぶりにPC触りました

テスト結果

現代国語 : 45点

古典 : 36点

英語R(リーディング): 47点

英語W(ライティング) : 43点



ここから始まる素晴らしきパレード







物理 : 27点

科学 : 18点

数学Ⅱ : 3点

数学B : 3点


8教科合計222点






(注)俺は理系クラス。
友達から散々有る事をいわれました、バカじゃなくて「文系いけやw」と。
[PR]
by kisara1102 | 2005-05-29 17:42

あははは

全教科欠点になりそうwっうはwっうぇww



やだなー('A`)
[PR]
by kisara1102 | 2005-05-18 16:48 | 雑記

さぼたーじゅ

題名の通り学校さぼりました。(ぁ
とりあえず、当初の目的は10時開館の図書館で勉強しようとして ま し た が
10時になった時には映画館にいました(何
何か良い映画ないかな~?と思ってぶらぶらみてみると、「交渉人真下正義(?)」があったので、これでいいかな~。とおもったらマスク2がまだやってたので、マスク2みてきました。ていうか一番開演時間が近かったからねw

とりあえず、館内にはいってみると。
 俺 一 人 だ け 
という状況。あれはなんか凄かった。館内が俺の部屋のようにみえた(マテ
しかし、映画が始まりしばらくすると、ちょこちょこと人がはいってきました。・・・・ちっ

とりあえず、映画を見終えた後は図書館にいって勉強をつらつらとしておりました。
たまには、息抜きも必要なんですよ( ゚Д゚)y―┛~~~
[PR]
by kisara1102 | 2005-05-10 16:07 | 雑記

闇の聖夜

12/24・・・・。世間ではクリスマス・イヴと呼ばれており、恋人達が夜を一緒に過ごしている日。世の中の汚れを知らない子供達にとってはサンタクロースという髭を生やした白髪のおじさんからプレゼントをもらえる日。
そんな日だが、俺にはクリスマスという日は存在しない。だから毎年俺はこうして夜を一人で歩いている。
今日は、雪が振っていて子供達が雪だるまをつくったりと公園ではしゃいでいる姿をよくみる。どこかのカップルが雪球を投げ合ってじゃれているのも見える。
雪が振ると、白い雪に例えられてか皆はホワイト・クリスマスと呼ぶ・・・。
だが、俺にとっては雪のおかげでアレがいつもより赤くみえる。普段ならば赤いというより黒い・・・。だが、今日は雪が振っているからアレがより美しく強調されている
「とりあえず、街にでてエモノを探そう。」
今日は、いつもより人がいる。大抵のやつらが恋人連れだ
しかし、中には一人で歩いているヤツもいる。だが男には興味が無い
一人で歩いている女はいないのであろうか、いや・・・・・居た。
目の前を髪の毛が肩ぐらいの長さの女性がトートバッグを持って歩いている・・・

「今日はコイツにしよう」と、決め俺は彼女に声をかける。
彼女は初めは何のことかに戸惑っていたが、段々と相手は俺を心をゆだねていた
午前4時。既に12/24ではなく12/25であった
時間的にもそろそろ良い頃だ。
俺は、彼女を誰も見ていないところへ連れこむ
彼女は何も言わない。心を許しているのだろうか?だが俺にとっては好都合だ。騒がれない方が処理するのが楽だ
彼女に俺は「目を閉じて」と言った。すると彼女は簡単に目を閉じた。
あっさりも抵抗せずに目を閉じたことに俺は感謝した・・・。
これで












彼女を殺せる














自分のコートのポケットに入れておいたナイフを取り出し、そして彼女の心臓をつき刺した・・・。
彼女は「あっ」と一言言って苦しみだしたが、もう遅い。更に刺すと彼女はより一層苦しみだした。そして、何回も刺しているうちに彼女は静かになり、何も言わなくなった。
ハァ―――ハァ――ハァ―――――
ムネが痛む。人を殺したことによっての悲しみではない。快感によって俺は興奮していたのだ

彼女に指を振れてみたが肌は冷たく、彼女の周りには雪によって美しく赤色が輝きを帯びていた。
その後俺は彼女を誰も知らない場所へ捨てた

時計を見ると、午前5時頃だった。陽は明けかけていた
「さて、そろそろ戻るか」と、言って俺はこの場所を後にした・・・。



この後、世間が殺人鬼が現れた。と騒ぎ出したのは言うまでもない





まぁ、なんとなく思いついたので文章かきまくりました。
ていうか、最近までとあるゲームをしていたら殺人鬼の話とかやら吸血鬼の話やらがありましたからね。
多分一部の人にゃバレてますでしょう。えぇ、バレてますとも
また思いつけば、色々と書いてみようかな?
[PR]
by kisara1102 | 2005-05-09 21:34 | 小説(?)小言

ある日の帰宅途中

学校という束縛の屋敷から解放され、世間では自転車と呼ばれている最先端の乗り物に乗り、鼻歌まじりに快適に帰宅している途中。
目の前にあどけ感が残るこの世の汚れを全く知らなさそうな少年が自転車に乗りつつ現れた。
言うまでもなく、自分のほうが自転車のスピードは速い。別に、抜かしてはいけない!ということもないので普通に横から神風の様に追い越すと、少年は・・・



少年「うわああああああ!!!!」



俺の頭ん中「なんか発狂してる Σ(゚Д゚;)」


発狂して、彼は全身全霊をかけて俺を必死で抜かそうとしている。
だが二人はほぼ互角のスピードを保っている。
相手は必死。だが対する俺は序の口というか余裕なほどに、自転車をこいでいる。

俺の本能がとてもくすぐられる。「抜かしたい、抜かしたい、抜かしたい」と心の中で叫び、発狂する。「なら抜かせ!抜かしてあの少年を奈落の底へ落とせばいいじゃないか!」と、心の奥で自分じゃない誰かが俺に言葉をかける。
こんな小さな少年に対して、少しムキになってしまうと俺は大人じゃない、むしろ餓鬼になるだろう。だがその少年を軽々しく抜かした時の少年の反応が見たいために、少しだけ自転車のスピードをあげて、少年を追い越してみる。

すると、少年は・・・・


少年「ちくしょー!!」



後で、発狂しておられました。悪霊が取り付いて憑依したように、彼は必死だったのです。

そんな出来事があった帰宅途中にも関わらず、俺は自宅に帰るとすぐにパーソナルコンピューター要するにパソコンと世間一般的には呼ばれインターネットという魔の手に犯される非常に高い可能性を秘めている禁断の道具を利用して遊び一日という人生での極一部の区切り点をようやく終えた。明日は何が起きるか分からない。明日が暗い闇で覆われてる毎日を僕達人間は歩いている。


なんで、俺も小学生相手にムキになるんだろね ( ´,_ゝ`)
まぁ、おもしろかったからいいけどw
ふと、おもいついたから、変な文章的にした。一部ネタですが!
[PR]
by kisara1102 | 2005-05-08 19:17 | 雑記

つい最近のことまとめる。

1:しんどい

2:変に体調を崩している

3:月姫にハマる(ぁ

4:Roぷち休止。

5:PSP買わなくてもよかったんじゃないか?と激しく後悔_| ̄|○

6:映画「コンスタンティン」がとてもおもしろかった

7:ある友達を大変殴りたいとおもった。というか殴らせろ

8:毎日ボーっとしてる。

9:何故かふと、5年~10年後の友達とか自分やらの身の回りのことを想像してしまう=妄想癖
[PR]
by kisara1102 | 2005-05-06 22:26 | 雑記